私たちは自信をもって「木づくりの家」を提案します

信州の気候・風土・景観
日本の、そして信州の気候、風土、景観を考えたとき、それは木づくりの家ではないでしょうか。受け継がれた伝統ある工法に基づいて、磨かれた技術を駆使してつくられる木づくりの家、自由で独創性があって、つくる人の心が伝わってくるような手づくりの家、木のぬくもりを感じながら落着きと安らぎを得ることができる、それは信州の景観にも調和する飽きることのない家です。
健康素材の家づくり
無垢の木をふんだんに使用する木づくりの家は大気汚染の心配もなく、香りと自然の温もりにつつまれたさわやかな環境をつくりだします。最近問題になっているシックハウス症候群は、新建材や接着剤、塗料などに含まれるホルムアルデヒトが主な原因です。建築基準法の改正によって、シックハウス対策や24時間換気が義務づけられて、今は使用する材料も全て安全基準を満たしています。
耐久性・耐震性
木は山から切りだされ家をつくる材として使われたのち、歳月を経るにつれて木のもっている特性を発揮します。木の強度は、一定の条件さえ合えば400年も500年も増しつづけるといわれています。事実私たちは、築80年、100年経っている木造建物を解体して、そこに使われていた木材が鋸も寄せ付けないほど鉄木化しているものを見てきています。そして組み方によって大きな地震にも耐えてきたことは日本を代表するような古い建物で証明されています。今は更に組み方に工夫をこらすとともに、補強金物等によって優れた耐震性を発揮できるようになってきています。
省エネルギー
私たちは木づくりの家で信州の気候に合うと思われる”外壁通気工法”を取り入れています。外壁通気工法とは壁の中に空気の通り道をつくり、壁を呼吸させることで、湿気や熱気を排出して漏水を大幅に低減する方法です。高気密高断熱構造の内部結露という欠点を解消する工法で、24時間換気と組合わせて家を長持ちさせるとともに、徹底した高気密化住宅と比較し多くの弊害も少なく、価格的にも満足いただけると考えています。断熱サッシとの組み合わせ、その他により、断熱効果も良く冷暖房の効率が一段と上がり、省エネローコストの家となります。
イニシャルコストについて
高級な素材を使用しいるから、あるいは高額な家具調度品類を使ってあるから良い家とはかぎらないでしょう。また逆に価格が安いからそれで良いのでしょうか。目的は快適に暮らせてその家を大切に思い、幸せを感じられる家をつくることが理想なのです。飽きがくればほったらかしとなって保守点検など見向きもせず、みるみる家の寿命を縮めてしまうため、4・5年で飽きがくるような家だけは絶対に建てないことが大切です。

地域と共に発展する倉田工務店の「総合建設業」

新築・リフォーム・土地探し・アフターサービスまで
住宅環境をトータルサポートする
倉田工務店 グループ
安心の家づくり
  • STEP1.家づくりのご相談
    お客様の将来設計などご希望を
    聞きながら家づくりをご提案いたします。
  • STEP2.土地の購入
    ご希望の条件の土地を
    お探しします。
  • STEP3.建 築
    完成。居住後もメンテナンス
    などサポートいたします。
不動産情報

【株式会社 倉田工務店 クラタホーム】長野県駒ヶ根市赤穂6073番地 TEL.0265-83-7134 FAX.0265-83-0236